アルバイトを探すときは

アルバイトの時に口頭での確認で済むか

アルバイトを探すときは 契約が成立する条件としては、書面だけでなく口頭でもよいとされています。電話などで何かの注文をしたとすればそれで契約が成立してしまいます。注意したいのは後でトラブルが発生した時です。言った言わないのことが必ず起きます。お互いに認識をしていればトラブルは発生しないはずです。そのことからできるだけ書面をもって契約をするのが良いとされています。

アルバイトをするにあたって労働者と使用者が労働契約を結びます。正社員が労働契約を結び書面のやり取りをするのは良く知られます。正社員以外でも労働契約が必要で、この時にも口頭契約が成立することになっています。あまり知識がないとそれでも問題ないと考えてしまいますがあまりよくありません。後日条件と異なる仕事を与えられるケースがあるからです。

契約をするときには必ず契約書を書面でもらうようにし、自分自身で捺印をするようにします。契約をするときには自分自身と使用者の方で書類を持つことになります。将来的にそれとは異なる条件となるときはその書類をもとに交渉することができます。なければ言った言わないでもめ、使用者に言いくるめられてしまうかもしれません。個人事業主などだと特に注意しないといけないでしょう。

関連情報

Copyright (C)2019アルバイトを探すときは.All rights reserved.